風水で北の玄関の凶相を回避※玄関マットの色と模様と素材に要注意!

風水では北の玄関は凶とされています。
ただ、北の玄関も工夫次第では、良い運気が入ってくるようになります。
今回は北の玄関の対策について解説したいと思います。

風水では玄関は重要な場所、良くも悪くもいろいろなものが出入りする場所です。
何故、北の玄関が良くないと言われるのか、それは「北の方角=水の気」だからです。
水は良い運気やご縁までも流してしまいます。
また「冷たい」といったイメージがあるため良くないと言われています。
そんな北の玄関の運気を上げる方法として、まず玄関マットがあります。
玄関マットの必要性に疑問を持ち、敷いていない家庭も多いのでは?
風水で玄関マットは「良い運気を招き、悪い運気を取り払う」役目を持っています。
玄関から入ってくる気のうち、邪気を吸い取ってくれます。
いわば、運気のろ過の役割を果たしてくれるのが玄関マットなのです。
では、どんな玄関マットがいいのか。
まず、素材は綿や麻などの自然素材を選ぶといいです。
また、北の方角は「冷え」のイメージが強いため、ふわふわしたマットで温かみを演出すると良いです。
色は、アイボリーや黄色、オレンジ、ピンクなど明るい色が運気を高めてくれます。
玄関マットの模様には花や植物など、自然のものがよいされています。
図形柄はなかなか難しく、風水上は鋭い三角形などの模様は悪いエネルギーを放っていると考えます。
水玉、ストライプ、アニマルの模様は圧迫感を感じるため玄関マットには避けるべきです。

北は水の気を持つ方位ですから北の玄関に飾ると良いとされる絵画の題材は湖や海など水に関連するものです。
ただし暗いイメージがするものは良くありません。
自分や家族が見たときに明るいイメージがもてるものが良いですね。

壁紙もやはり北の冷たいイメージを払拭するような温かみのある色を選ぶと良いとされます。
クリーム色、ベージュ、ピンク、アイボリーなどは北と相性の良い色です。

玄関に花を飾るのも運気アップが期待できます。
良い運気は生気のあるものに向かってくるので、生け花や観葉植物を飾るとよいです。
寒々としたイメージのある北の玄関にはピンクやオレンジなど暖かいイメージのある花を選ぶとよいとされます。
また、造花はNG、精気を発していないため、生花から比べると効果は劣ります。
ドライフラワーなも「死んだ花」として嫌われることも多いです。

玄関が北にあっても、風水を取り込んで工夫をすれば運気をアップすることができます。
楽しく、おしゃれな玄関に変えて、良い運気を取り入れたいですね。

風水の裏テク※玄関の絵画の題材を8つの方角で使い分ける!

玄関は家の中に良い運気を取り込むための風水においてとても大切な場所です。

風水で運気を上げるために一番重要なことは清潔にしていることです。

清潔で明るく良い香りのする玄関が風水の基本です。まずはこまめにできれば毎日掃除をします。

靴を脱ぐ場所の三和土は特に汚れやすいので念入りに水拭きし玄関の隅々や下駄箱の中も清潔に保つようにします。

良い運気は明るい場所を好みます。電気の掃除も忘れず明るさが足りないと感じたらテーブルランプを置くなどの対策をします。

クリスタルや水晶を飾り光を引き込むのも良いです。清潔で明るい玄関になったら最後は良い香りです。

生花を飾るのが一番ですが毎日の水換えなどが難しければアロマや芳香剤などを活用して良い香りのする玄関を演出します。

清潔で明るく良い香りのする玄関に整ったら次は風水の開運アイテムである絵を飾りさらに運気を上げます。

風水的に運気を上げる絵のモチーフは方角との相性で決まります。

不向きなのは戦争などの恐怖や悲しみ・怒りをモチーフにした絵でマイナスイメージが強く悪い運気を呼び寄せてしまいます。

幾何学模様や極端に抽象的な絵も落ち着きをなくしてしまうのであまり向いているとは言えません。絵のサイズは出来るだけ大きいサイズが良いとされています。

絵のサイズが大きいほど絵の持つ気のパワーが強くなるからです。

絵を飾るあまり広いスペースがない場合は小さなサイズの絵をS字型に飾っても良いです。

気や光や音は波のようにS字を描きながら進む性質を持っています。絵をS字型に飾ることで良い運気が入ってくるのを助けてくれる効果があります。

方角と相性の良いモチーフは次の通りです。東は健康運に影響し南東は金運に影響を与える木の性質を持つ方角です。花や樹木、水辺の風景のモチーフと相性が良いとされます。南は人気運に影響する火の性質を持つ方角です。

炎や太陽、花、樹木、鳥のモチーフと相性が良いです。南西は結婚運に影響を与える土の性質を持つ方角でカップルやペアの動物のモチーフとの相性が良いです。西は子供運に影響する金の性質を持つ方角で子供や黄色い花のモチーフと相性が良いとされます。

北西は後援運に影響を与える金の性質を持つ方角です。人や動物の集まりや黄色い花のモチーフとの相性が良いです。

北は仕事運に影響する水の性質を持った方角で水辺の風景や魚のモチーフと相性が良いとされます。

北東は学業運に影響を与える土の性質を持つ方角です。

地図や象のモチーフの絵と相性が良いとされます。

また木の絵を東に飾ると健康運がアップし南東に飾ると金運アップに効果があります。

南は火の性質を持っているので炎の絵や赤い色をたくさん使った絵を南に飾ることで人気運をアップする効果があります。

玄関に方角と相性の良いモチーフの絵を飾ることでさらに運気を上げる効果が期待できます。

家相の張り欠け※「3分の1」のルールを理解して八方位の吉凶を鑑定

家相で一般的にもよく知られている言葉には「鬼門」「裏鬼門」「張り」「欠け」などがあります。

家相上建物の形には「張り」や「欠け」がない方が良いとされています。

家相の「張り」と「欠け」とは建物の出っ張った部分と引っ込んだ部分のことです。

建物の出っ張った部分が「張り」で建物の一片の長さの三分の一以内が出っ張ってる場合のことを言い、引っ込んた部分が「欠け」で建物の一辺の長さの三分の二以内が引っ込んでいる場合を言います。

風水の家相的には「張り」は方位によっては吉の家相になりますが「欠け」は全ての方位で凶の家相となりよくありません。

「張り」の方位ごとの吉凶の暗示するのは、

北は部下に恵まれ、夫婦円満。結婚運は良縁に恵まれ子孫繁栄。

北東は艮方位の張りは家人に病人絶えず。東は家族は病気知らず。

長男は成功を収める。甲方位の張りは賢子生まれて家門繁栄。

東南は巽方位の張りは社会的信用を得る。遠方との取引成功。

長女が良縁に恵まれる。南は丙・午方位の張りは社会的信用を失う。

南西は坤方位の張りは後家の家相。

西は程良い張りは夫婦円満の家相。財運良好。

北西は財運良好。夫婦円満。

「欠け」の方位ごとの凶相が暗示するのは、北は後継車に恵まれず子孫衰退。

北東は家督相続に災い有り。家族の諍い絶えず。

東は長男は出世せず、女性問題絶えず。家族は衰退。

東南は商売の破綻。社会的信用の喪失。長女は晩婚、または結婚出来ず。

南は社会的名声を失う。女の子は怪我など体を痛める事故多し。

南西は主婦の大病多し。主婦、再婚の家相。養子の相続になる。

西は支出多し。家財産衰亡す。子供、異性問題多し。北西は主人社会的に破綻する。財運なし。「

欠け」のある方位に関連する運気を下げると言われています。風水対策で「欠け」を補い運気のバランスを保つことが大切です。

「欠け」を補うためには「欠け」部分にウッドデッキや花壇を作るなどで家の一部のように見せたり、倉庫などを置き「欠け」を補う方法があります。

また「欠け」の角に背の低い植木を植えたり、形や数に決まりがありますが水晶か白い石を埋めるなどで補う方法がありますがこれは一軒家では可能ですがマンションの場合は難しいです。一軒家でもマンションでも出来る対策は室内のL字に欠けている部分の室内に銅風鈴やサンキャッチャーを吊るす方法です。

これから家を建てたり借りる場合には「張り」「欠け」に気を配り特に土地は「欠け」のない宅地を選ぶことが大切です。

風水でドライフラワー(造花)はNG?玄関とトイレの運気アップの秘策5選

風水ではアイテムを置くことによってそれに合った運気が上がったりすることがあります。
そこで玄関とトイレでの風水アイテムを紹介します。

1.観葉植物
風水における玄関は気を迎える場所や幸運の気が入ってくる場所とされています。
そのため、背丈が高く悪い気の侵入を防いでくれる観葉植物を置くのが理想です。
細く尖った葉の観葉植物や陽の気を持つ観葉植物を置くと良いです。ただ、日光が当たりにくい場所でもあるので、日陰になる場合は定期的に日光を浴びさせるのが枯らさないコツです。
トイレは、悪い気が溜まりやすく、特に水の気が溜まりやすいので金運や健康運に関係しているといわれています。気を落ち着かせてくれる、丸い葉の観葉植物がおすすめです。

2.花
花も観葉植物と同じように、玄関はすべての気の入り口ですから花は開運アイテムとして下駄箱の上などに飾ることをお勧めしますし、トイレも花を飾って運気を改善してください。
しかし、造花などはは生花と比べて効果も2割程度でホコリなどで汚れやすいため逆に悪い気を出していることが多い、造花を置くならこまめに掃除を徹底しないと意味がなく逆効果になるので置かない方が無難です。

3.ドライフラワー
ドライフラワーは、風水的にはどこに置くのも良くありません。
ドライフラワーは害虫も寄り付きにくく清潔な面もありますが見た目からして枯れていますので、風水では気が枯れていることになります。
良い気を取り入れる玄関にはドライフラワーは飾らないようにしてください。
もし飾るのならドライフラワーを窓辺に束ねて逆さまに吊るすと、特に西日の差し込む窓辺は女性の運気をアップさせてくれる効果が生まれます。

4.香り
いい香りは良い運気を運び込むと風水では言われます。玄関は靴などを置くため臭いが残りやすいためアロマや芳香剤や消臭剤を使うと良いですし、トイレも同様、アロマや芳香剤や消臭剤を使うようにし使用後も臭いが残らないように消臭スプレーなどで臭いを消すことをお勧めします。
ただしアロマも芳香剤も臭いがきつ過ぎるものは逆効果になりますので気を付けてください。

5.花の絵
花の絵は恋愛に効果的ですが、人間関係の円満も効果もあります。
本来なら花の絵よりも生花を飾る方が断然効果があるのですが、花が飾れない方は絵で代用しても大丈夫です。
この時、絵はなるべく豪華で色合いの豊富な絵を選び飾ることが好ましいです。
恋愛運を上げたい時は白やピンクの花の絵を飾るのが効果的です。

風水※2階のトイレの家相鑑定方法※中心の定め方がキーポイント!

風水では、トイレは不浄の部屋とされています。そのため、どの方位においても、凶相になります。

特に嫌われているのが鬼門と裏鬼門のトイレです。

また、北西のトイレも良くないとされています。北西が嫌がられるのは、北西な家族定位で、父の方角とされ、金運や事業運に関わる大切な方位だからです。

どの方位も凶相なのですが、凶害を除ける方法があります。それは、正中線と四隅線を避けるという方法です。

家相では、正中線と四隅線上は特に神聖な方位とされています。正中線上に、青龍、朱雀、白虎、玄武の四神がいて、四隅線上には、天門、風門、鬼門、人門の四つの門が配置されていると、風水では考えられているのです。ですから、これらの正面にトイレを置くのを避けるようにしようと考えるのです。

しかし、これは1階のトイレの話です。2階のトイレは、どのように計画すればよいのでしょうか。昔は、2階にトイレを置く家は少なかったので、1階だけ鑑定していればよかった。なぜなら、本来、2階は寝室や子供部屋など、とくに、大きな凶害のない部屋だけが配置されていたからです。それが、最近では、2階に浴室やトイレやキッチンがあるのが当たり前の時代になりました。そこで、以下では2階のトイレの吉凶の判定方法を紹介します。

1階と2階の平面の外周が重なっている場合、つまり、総二階の住宅の場合は、特に難しいことはありません。1階のトイレの方位を鑑定方法と同じです。

しかし、1階と2階の平面形状が異なる場合、2階の平面の中央も定める必要があります。ここで注意してほしいのは、2階の中心から考えて、正中線と四隅線にトイレが重ならないようにするだけではダメだという事です。

1階の中心から引かれた正中線と四隅線にも、トイレが重ならないようにする必要があるのです。つまり、合計16本の線が図面上に書かれて、その線にぶつからないように、トイレを配置する必要があります。

浴室もトイレと同じように不浄の部屋なので、もし、2階に、トイレと浴室の両方がある時は、平面計画が難しくなりますので注意してください。

ちなみに、2階の家相を考える場合、ベランダは外部空間として扱います。つまり、張りではありません。2階の中心を定める際は注意してください。

南の風水的意味は才能とアイデア※結局は仕事運と金運に結びつく

南は、太陽が降り注ぐ方位です。

南の部屋は熱がこもるので、火の象徴です。

熱は、金属を溶かします。

したがって、赤色の財布は、お金を燃やすので、お金が貯まらないとされています。

赤は、金運の敵です。

しかし、南に玄関を設けたり、リビングや寝室があっても、貧乏になるというわけではありません。

各方位には、それぞれ良い側面があります。

南の方位は、才能やアイデアという意味があります。

したがって、南の気をうまく使って、運気を高めれば、才能運が高まります。

才能を発揮することができれば、仕事に成功し、富を得ることになります。

つまり、風水は、それぞれの方位の良い面を伸ばすように計画すれば、結局は金運に結びつくのです。

だから、金運を下げたくないから、主要な居室を北側にしようなどとは考えないでください。

南の居室では、南の居室の運気を高めるインテリアにすればよいのです。

たとえば、南の火と相性が良いのは、木です。

木が燃えて火になるからです。

したがって、緑色のカーテンが運気を高めると解釈できます。

リーフ柄も良いでしょう。

その他、観葉植物を飾るのも南の運気を高めるテクニックです。

逆に、南に適していないのは、黒です。

黒は、南の太陽を遮断してしまいます。

また、黒色は水を表す色としても使われます。

底の深い湖の水は黒く見えます。

したがって、南のリビングに黒いソファーやテレビ台を置くのはよくありません。

ただし、これは、方位を重視した風位の話で、現代風水は、色そのものの価値を重要視する傾向があります。

たとえば、金運を高めたければ、金色のグッズをそろえる。

この方が、人々の心に響くのです。

精神状態に影響を与えるので、自己啓発的な心理が働くことになります。

だから、南だからと言って、相性が悪い金属の色を避けようと考える必要はありません。

ちなみに、黄色の場合、金属の色として使われる場合もありますが、本来は土の色です。

土と火は相性がいいので、南の部屋に黄色のソファーを置くのは、実はGOODです。

この際、黄色は、金の色ではなく、土の色だと理解して使う必要があります。

方角に極度にこだわる必要はありませんが、できることなら、お金は、北側に保管するのが良いでしょう。

光りがガンガン降り注ぐ窓際に財布を置くのは、お金が燃えてしまうイメージに近づきます。

お金は、北側に保管するのが適切です。

ちなみに、北西は金が貯まる方位とされています。

北東(鬼門)の風水的意味※相続・家運の方角だから重要なのだ

鬼門は家相で最も重要な方位。

一般的にいえば、家相は鬼門のためにある。

多くの人は鬼門=家相であって、その他の方位は気にしていない。

だから、最近は家相をあまり気にする人がいなくて、その代りに、インテリアやファッションの風水が人気を高めたるのだろう。

鬼門は、昔から、鬼のいる方位として恐れられてきた。

十二支方位で、丑と寅に当たる。

つまり、虎のパンツをはいて、牛のような角が生えた鬼がいる恐るべき方位。

だから、玄関を置くのはダメ。

鬼が入ってきてしまうからです。

どのような災いが起こるのかというと、相続に問題が生じます。

相続に問題が生じるというということは、家運に影響すると言うこと。

つまり、家運を決めるのが、鬼門方位なのです。

だからこそ、金運の象徴である、西は西北よりもさらに警戒する必要があったのです。

鬼門にトイレを置くのもNGです。

鬼門は鬼がいる方位であると同時に、家運を左右する方位だからです。

つまり、北東を汚すと家運がけがれるのです。

鬼門に、キッチンがある物よくありません。

キッチンは不浄の場ではないですし、玄関程、気の出入りが多いわけではありません。

しかし、水を扱います。

シンクの水は、北東の土と相性が悪いのです。

北東は土気を帯びているので、土と相性が悪い水を置くと運気が落ちるのです。

したがって、キッチンを置くのもよくありません。

後は、風呂も浮上の場なので好ましくありません。

それ以外であれば、基本的には、OKです。

昔は、土蔵を置くのはよくないという説もありましたが、現在は土蔵がないので、関係ありません。

家の外にある物置は、張りと同じ扱いになるので、凶相です。

その他の部屋は、配置しても構いません。

ただし、インテリアの風水には細心の注意が必要です。

たとえば、他の方位の場合、気を高めるのに比和の効果を利用することがあります。

たとえば、西の方位に金色の物を置くといった具合です。

しかい、北東の場合、茶色はNGです。

土の気を放つ茶色の家具を置くと、悪い土気がさらに強くなると考えるのです。

土と相性がいいのは、金と火です。

金の象徴色である、白を使うのが妥当な配色と言えます。

緑はよくありません。

葉が生い茂る木の根は、土の養分を吸い取ってしまいます。

したがって、家運が落ちるのです。

緑色の他にも、リーフ柄も木の気の象徴なので避けるべきです。

もし仮に、鬼門の方位にトイレや玄関があるときは、盛り塩で清めることが重要です。

風水の西の方角の意味※お金持ち&社交性の運気をアップする方法

風水で西はお金の方位。

風水に興味がある人ならば誰でも知っている常識です。

しかし、他にも口という意味があります。

だから、この方位が吉相だと、おしゃべり上手になる。つまり、対人運が高まると考えます。

社交性が高いから、お金が儲かって、金持ちになる。

それが、西の方位の意味です。

西の方角は、季節で言うと、秋です。

秋は、収穫の時期。

収穫した稲を売って、お金が入ってくる。

そのお金を土蔵に入れるので、西に土蔵を置くのが吉相とされてきました。

では、現代の住宅では、どのようにして西の吉相対策をすればいいのでしょうか。

たとえば、西は、お金の方位ですが、西に玄関をつくると、お金が出て行ってしまうという説があります。

だから、西の玄関は良くないと解釈する風水師もいます。

その一方で、西の玄関はお金の入口でもあるので、お金がたくさん入ってくるという道理を重視する人もいます。

お金がたくさん入って来たら、出ていくお金も多くなります。

それが常識です

したがって、西の玄関は、お金がたくさん入って、出ていく。つまり、金運が期待できる玄関の方角だと言えます。

では、西の部屋のインテリアはどのようにするのがが良いでしょうか。

単純に、西に夫の寝室があれば、金運はアップします。

寝ている間に、西の良い気を吸収してくれるからです。

しかし、インテリア次第で、金運が高くなったり低くなったりするので注意が必要です。

たとえば、西に寝室があっても、家具やカーテンを全て赤やオレンジなどの暖色で統一したら、金運は発揮されません。

なぜなら、金は、熱によって解けるからです。

お金は暗い所を好むといわれ、北側に保管するべきだとされています。

これは、火を象徴する太陽の方位、つまり、南を避けろという意味です。

同じ道理から、部屋の色が、赤色や暖色系の場合、、金運を下げるのです。

太陽の絵を飾るのもよくありません。

一方、金運を高めるには、黄、白、銀、金等の色が適しています。

金属の色なので、金がどんどん増えると考えるのです。

金貨、銀貨、紙幣が溢れるイメージです。

財布に金属の色を使うのも良いとされています。

白色の財布や金色の財布は、金運アップに最適です。

逆に、暖色系はお金を溶かすので、NGです。

赤い財布は金運をダウンするので、使ってはいけません。

しかし、道理からすれば、お金をどんどん使いまくる派手な人生にしたいというのであれば、赤色も良いでしょう。

結局は、自分がどのように風水を解釈するかが重要なのです。

北西(天門)は金運風水の方位※仕事運とも関係する要注意の方角です!

北西は、天または父を意味する方位です。

通称、天門と呼ばれています。

この名前からもわかるように、とても重要な方位です。

陰陽五行では金気に属しています。

だから、金運アップを考える上でとても重要です。

しかも、父の意味もあるので、一家の主の金運を大きく左右すると考えられます。

つまり、金運をアップしたければ、北西の部屋のインテリアを完ぺきにすればよいという事です。

金と相性の良い色や柄を使えば、金運はアップします。

インテリアの場合、ベッドカバーや壁紙、ソファー、家具、ラグ、クッション、カーテンなど、色彩や柄を選ぶことができるものがたくさんあります。

これらを黄色や茶色にするのがおすすめです。

なぜなら、風水で、金は土の中から算出されると考えるからです。

また、同じ金気を増幅することを期待して、金色や銀色や白でインテリアを飾る手法もあります。

白や銀というと違和感を感じるかもしれませんが、銀貨のイメージだと考えてください。

金と同様、プラチナも高級なので、金運が上がるのです。

逆に、良くないのは、火をイメージする赤やオレンジを使うことです。

鉄は火の熱で溶かされてしまいます。

したがって、赤い色でインテリアを統一すると、金運が解けて消えてしまうと考えるのです。

金運というと、財布やバッグの色で、運気をアップする方法が知られています。

この場合も、金運効果を増幅させるために、金や銀や白を使うのがベストです

最近は、金色の代用品として黄色を使うことも多いです。

また、財布の中に呼び銭として、金かなどを入れるのも効果的です。

また、家の中で、財布を置く場所を考える場合も、北東や西が良いとされています。

北東の部屋に置くというのも良いですが、各部屋の北東付近に置くというのでも効果が期待できます。

また、財布やバッグの色を考える時も、部屋のインテリアと同じ道理で、赤色やオレンジは避けるべきです。お金を燃やしてしまう色だからです。

北東以外の部屋ではどのようなインテリアの色にすればよいのか。

これは、風水の解釈次第で見解が異なってきます。

たとえば、南の部屋。

南は火を象徴する方位です。

つまり、南の部屋に、金の象徴である、白や金色を置くと、相克関係になり、運気が落ちると考えることができます。

しかし、南窓の最高の配置にある部屋にいると、金運が下がるというのは、おかしな話です。

現代の風水では、方位よりそれぞれの色がもつパワーを重視する傾向があります。

つまり、金の色をたくさん使えば、南の炎でさえ、すべてを溶かすことはできない。

そう考えればよいのです。

東南(風門)の部屋のインテリア風水で運気を3倍にする方法

東南は、とても良い方位です。

基本的に、不浄の部屋以外ならば、どんな部屋でもOKです。

でも、納戸や物置にするのはもったいない。

東の朝日と、日中の太陽の光を享受できるとても良い場所なので、リビングやダイニングやキッチンに適切と言えます。

また、寝室も吉相です。

朝起きて、朝日を浴びることができる方位だからです。

東南は、風門と呼ばれ、風が入ってくる方角です。

遠くから幸運や不幸がやってくると風水では考えます。

もし、インテリアが吉相なら、遠方の商談がうまくいくとか、逆に、凶相ならば、遠方の仕事がうまくいかないなどと言った害が及びます。

外資系の仕事をしているような人は重視すべきです。

また、東南は、十二支でいうと、辰と巳の方位です。つまり、竜と蛇の方位。

龍と蛇は、風水では縁起が良い動物と考えられています。

怖い凶害などのイメージがないので、あまり強く意識されることは無いですが、吉相方位であることを理解しておくべきでしょう。

東南の部屋のインテリアについて解説します。

東南は、木の気を帯びる方位です。

木の気をさらに満たすには、陰陽五行思想の比和と相生を活用します。

比和とは、同じ気が重なることです。

相生とは、相性の良い気のことです。

何れの場合も、気が活性化されるので、幸運がもたらされると考えます。

逆に、相剋と言って、相性が悪い気を重ねると、運気はダウンします。

まずは、比和について説明します。

東南の部屋に木の気の要素を重ねるインテリアを選べば、運気が上がります。

例えば、観葉植物が代表的な例です。

観葉植物の手入れが難しいという方は、色や模様で運気を上げます。

カーテンを緑色や青にする。または、リーフ柄にする。

同様に、緑やリーフ柄のラグやソファーやクッションでインテリアをコーディネイトするのも運気アップにつながります。

相生を利用して運気を上げる場合、赤または黒を利用します。

赤は火の色、黒は水の色です。

赤の代わりにオレンジを使っても同じ効果が得られます。

また、黒の代わりに、水をイメージできる水色、青色を利用しても構いません。

木が燃えて火になる。水を吸って木が育つ。この2つの自然現象から、火と水を表す色を東南之部屋に使うと、運気が上がると考えられているのです。

水槽で熱帯魚を買う場合も、東南の部屋が最適です。

では、逆に、相性が悪いインテリアにはどのようなものがあるのでしょうか。

実は、金色やメタリック色は、南東にはよくありません。

なぜかというと、金属は、木を切断するからです。

そのため、木の気による運気もダウンします。