招き猫の色・置き場所・置き方※風水の運気をアップ!

風水では置物により運気と言うのは金運や健康運やいろんな運などが変わってきます。
商売繁盛の守り神として親しまれてきた招き猫ですが、猫は昔から農作物や蚕を食べてしまう荒らすネズミや鳥などを駆除してくれるとして、養蚕業では縁起のよい動物としても大切にされてきました。
昔から人々の生活とともに歩んできた猫が、今でも人々の間で大切にされ、縁起物としても親しまれています。
そんな招き猫について紹介します。

1.置き場所
招き猫も居心地が良い場所に置くことでさまざまな運を招き、運気アップにつながります。
人がいるところを好むといわれていますので、玄関やリビングに置くと良いといわれています。
風水では、部屋や家に入ってくる気は全て玄関から入ってくるといわれているので、玄関に縁起の良い招き猫を置くというのは、とても効果的といわれています。
招き猫を玄関に置くことで、玄関にきた金運や幸運を家の中に招き入れてくれますが、招き猫の置き場所は、人よりも高い位置の置き方が好ましいです。
また、置き方は招き猫が玄関を常に見ているような角度で置くことで、玄関の外を通りがかった幸運も呼び寄せてくれるといわれています。

2.手の上げ方
縁起物の招き猫は、幸福を招くために挙げる手によってその意味が少し変わります。
また、商売繁盛の縁起物として置かれている招き猫は、前足の右手を上げ金運を呼び込むといわれています。
前足の左手を上げている招き猫は人やお客さんを招くといわれており、自分が呼び込みたいものによりどちらかを選んで置きます。
両手を上げた招き猫は金運招き猫が大人気で、金運と人運の両方を呼び込縁起物として人気が急上昇しています。
しかし風水によっては両手を上げている招き猫と言うのは「お手上げ」「負け」と言う風にも見られると言う事から好ましいとされていないこともあります。

3.色
招き猫は、一般的には三毛猫の模様が多いですが、最近では白地にピンクや水色に白色や、黄緑色に黄色や金色など、それぞれの色によって恋愛運や健康運に金運など、意味合いが変わります。
昔から、重要な意味を持つ色としては黒色の招き猫は夜中でも目が見えるとされ、魔除けや幸運の福猫とされてきたといわれています。
また、疫病が流行っていた時代には赤」の招き猫は天然痘や麻疹が嫌う色といわれていたため、病除けの意味を持つといわれています。

白、ピンク色の招き猫は恋愛運を招くといわれており北側に置くことで運気を招いてくれるといわれています。
紫色の招き猫は紫色の招き猫は労力を上げるといわれており南の方角に置くと良いといわれています。

風水で床の間の位置を決める!掛け軸で運気をアップする方法

風水では小さくても床の間があると家全体の運気が落ち着き吉相となります。

床の間は、客の座であると同時に、神の座でもあるので神床として使用することがあります。

床の間内に窓があると良い運気が出やすく悪い運気が滞留しやすくなるので、どうしても必要な場合は最小面積のものにし、床の間に常時植物を置き樹気の持つ浄化効果で補正します。

床の間の裏に隣接するトイレは、位置的には問題がないのですがトイレの位置からの不浄の運気が流入しないような構造的な配慮は必要です。
基本的にタンスを置いても影響はありませんが、設置位置によっては悪い運気が滞留することもあるので注意が必要です。

床の間には、床板と畳の上面を揃えた踏込み床、畳より床板の上面を高くした蹴込み床などがあり、いずれも客間に設置することが多いので、ごちゃごちゃと物を置くことは客の運気を乱すことになります。

床の間が家の中で西に位置し東向きの場合、発展運が向上し吉相となります。掛け軸は、書のものを飾るとより一層の発展が期待できます。北の方位に設けて南に向けるのは権威と品位を保ち、最良とされています。掛け軸は水墨画を飾るとより一層の繁栄がもたらされるはずです。北西に設けて東向きの場合、家運が上昇し吉相とされます。東南に設けて北西向きの場合、対人運が向上し吉相とされます。季節の花を生けるとより効果的になると言われています。北西に設けて東南向きの場合、家族運が向上し吉相とされます。南、東、北東の設置は、諸運が低迷し、いずれも凶相とされます。特に北東の床の間は、最も凶相となるので、避けたいものです。また南西の床の間は、鬼門向きとなり相対しますが、特に支障はないとされます。

床の間は、日本独自に発達した間取りなので、風水との馴染みは薄いのですが、独特の歴史背景のもとに、いくつかの風水と関連付けた知識があり、活用されてきました。

床の間には掛け軸や香炉を飾ることが多いのですが、この置物にも意味があります。置物によって家主の経済力が判断でき、家主の人格の象徴であるとも言われています。したがって、床の間は家の中で重要な場所と位置づけられてきました。一方で、神仏を描いた掛け軸を飾ったりすると神聖な場所としての威厳も加わり、家相では神様の宿る場所、家主の運勢を左右する場所としてその吉凶を判断するようになりました。そこから神棚・仏壇を床の間に置く際の位置や方位も決められています。その一例として和室の出入口の上に神棚を祀る事は、避けられています。下を多くの人が通るため大地の運気が神棚に届きにくくなるからです。長い間に日本に定着し適応した風水の形が、床の間の風水に現れていると言えます。

玄関前のガーデニングで風水の運気をアップ!庭木の吉凶方角

風水では庭でガーデニングをすると大地の気を直接取り込めるため運気が安定します。
またベランダやテラスでガーデニングするのも運気に良い影響を与えます。
ガーデニングに風水を取り入れて庭、ベランダ、テラスに行ったら今まで失った運気を補給できるような環境を作るようにしてください。
恋愛運と結婚運に関して、ガーデニングの際に水まわりを汚くしていると縁を悪化させたりトラブルを招くこともありますので綺麗にしてください。
特に女性は水の性質を持ちますので、水まわりを綺麗にしておけば良い運気に繋がります。

玄関前は限られた空間ですし人が通るたびに花を見るところになるので玄関前の手入れと言うのは風水でも大切です。
玄関前はその家の顔であるのと同時に幸運の出入り口、そこに一本の木があるだけで家の雰囲気は変わります。
西に玄関があるのならば、エニシダのように黄色く垂れて咲くようなものを植えておくといいですし、鬼門の玄関ならコデマリなどを植えておけば、真っ白いきれいな花を咲かせてくれます。
北側の玄関で少し寂しければ、シャクナゲなどはピンクにきれいに咲いてくれます。玄関前の方位によって、アプローチに植える花は家の運気を上げてくれます。
風水には、門があったほうが吉相という考え方があります。けれども、門がなくても、レンガと白いフェンス、そしてバラがあるだけで門以上のパワーを出すことができます。

庭木にも適切な方角があります。

北の庭の植樹は大樹は吉で、北の冷気を防ぐ程度の、大きさの木を植える。赤い花の咲く草木は、凶です。
東の庭の植樹は桜・梅・ネムノキが吉とされていて椿・クコの木も良いとされています。
白、黄色の花の咲く草木は、凶木となります。
南の庭の植樹は高い木でなければ良く、椿・梅・ナツメ・マキ・松・杉の白い花の咲く木は、凶となります。
西の庭の植樹はクチナシ・ニレ・ナツメ・マキ・カシの木は吉、中低木は好ましく、常緑樹は凶木で赤い花の咲く草木は、凶となります。
庭を造る際には、建築物と土地相のバランスそれと植える樹木には注意する事が大切となります。
注意点のもう一つは、木を植えるときには穴を掘りますが、敷地内の地場を50cm以上掘る場合は必ず方位を調べ、その場所の方位に適合回座したときに植樹する事が大切です。

生垣は風水ではとてもよいとされています。自然の風も通るし見た目にもよいからです。ぜひ生垣をメインのところに作ってみたいものです。生垣を作ることで雰囲気はがらっと変わります。

二階のトイレ・風呂・キッチンの家相鑑定※方位だけではダメ!真下の部屋をチェックする

最近は、二階にトイレや風呂やキッチンがある家が増えてきた。

今回は、二階の凶部屋の間取りについて説明する。

まず、トイレと風呂とキッチンは、どの方位にあっても凶相です。

実務的なことを言えば、トイレの便器、風呂の浴槽、キッチンのガスコンロを正中線と四隅線からずらして配置することで凶害を除けます。

正中線と四隅線は、家相では神聖な方位と考えるからです。

神聖な方位に、便器や風呂などの不浄物があってはいけません。

また、火の気は、日本の住居にとって、危険な存在なので、単に建物の内部に用いるときは、神聖な方位を避ける必要があります。

問題は、トイレとキッチンと風呂が二階にある場合です。

方位の吉凶の鑑定方法は、一階の場合と同じです。

しかし、注意すべきは、一階の中心から引いた正中線と四隅線だけではなく、二階の中心から引いた線にも重ならないようにすることです。

つまり、二階の風呂とトイレとキッチンは、一階の二倍の凶方位が存在するのです。

そればかりではありません。

トイレとキッチンと風呂は、一階の玄関や仏壇や神棚の上に来てはいけません。

仏壇と神棚の上に不浄物があっては失礼です。火気があるのも大問題です。

玄関は、家相に置いて気の入口として、最も重要な部屋に当たるので、その上を汚さないようにします。

規則が多くて大変だと考えるかもしれませんが、これを解決する方法があります。

総二階の建物にして、一階と二階の不浄物の位置を重なればいいのです。

総二階の建物、つまり、一階と二階の広さが同じ住宅であれば、中心のずれがありません。

だから、一階で正中線と四隅線を除けてトイレを配置して、その真上に二階のトイレを配置すればいいのです。

風水は水色と紺色に要注意!カーテン・カバン・財布で運気を上げる方法

風水でカーテンは外からの光を遮る陰に属し、癒やしやリラックスの効果があるとされています。
カーテンの選び方、特に風水で寝ている間に運を補う役目を持つ寝室のカーテンの選び方は大切なのです。

1.カーテン
寝室は風水では運を取り込む部屋なので運を逃さないような選び方をし、レースとドレープの二重にする選び方で、夜の間に運気が逃げないようにするのが風水上良いとされています。
また、朝は必ずカーテンや窓を開けて換気をして風水でいう気の流れを良くします。
風水では昼の間に光を入れ、暗くなる前にカーテンを閉めることでよい運気を寝室にためることができます。
昼間ずっとカーテンを開けていられないという方も、一日に一度はカーテンを開けることで風水のよい気を取り入れてください。

風水で大切なのは方角と色の選び方で、特にカーテンは部屋において色の大きな面積を占めますので、その色の選び方は風水上とても重要です。
紺色や水色は風水で冷静さや浄化作用を表し、仕事運アップに効果があるとされます。
寝室や、風水で同じ性質を持つ東の方角や南東の方角の窓に紺色や水色のカーテンを使う選び方は風水でも効果的です。
西の方角には黄色で、北東の方角には、暗い部屋になりがちなのでオレンジや赤など暖かい色が効果があり、夜空をイメージした深い水色や紺色に星空が広がるきらきら輝く星柄は風水で金運や仕事運に効果があります。
紺色や水色のカーテンは緑色のものと組み合わせると相性が良く健康運に効果に効果があります。
他にも紺色や水色は赤と組み合わせることによって恋愛運に効果につながるので婚活中の方に試してもらいたい組み合わせです。

2.カバン
風水では、バッグは縁を運んでくれるアイテムと言われていますので、バッグ選びにこだわることで恋愛運を上げることができるので、さらに良縁に恵まれるために風水で最も理想的とされているのは、小さくて軽いバッグなのです。
風水では、小さいバッグには愛情が宿ると言われており、小さくて軽いバッグを選ぶことでフットワークが軽くなり良縁につながるという考え方もできます。

カバンの色でスタンダードな黒は水の気が強い色に分類され、水は陰陽で言うと陰に分類され黒いアイテムをたくさん身に着けるということは、風水的に見ると陰の気が強くなるということになり、黒いバッグがダメということではなく全体のバランスを取るということが大事だということになります。
本来は陰陽のバランスが取れている状態が理想ですからどうしても黒いバッグを選びたいのであれば、他の部分で明るい水色などを取り入れて全体の気のバランスを整えてください。
特に女性は、存在自体が陰に分類され男性は陽ですから、陰陽の気のバランスを整えるためには
女性はなるべく明るいカラーを身に着けることが大事で黒色のようなものが良ければ紺色などの深い色なんかも良いです。

3.財布
紺色は大人の方にとってもオススメな色で、落ち着いた印象を受け色々なファッションにも比較的合わせやすい色でもあります。
持っているだけで品があるような、知的な印象を持たせることができそこが大人の方々に人気がある理由ですね。
大人の方じゃなくても紺色の財布を持つと、大人っぽいだとか頭が良さそうだとか誠実な人だという印象を持たれやすくなります。

風水で「玄関入ってすぐキッチン」はNG※賃貸アパートの選び方

賃貸のアパートによくあるのが玄関入ってすぐキッチンという間取りです。

キッチンはコンロや電子レンジなど火の気を持つものとシンクや冷蔵庫など水の気を持つものが混在しています。

風水では火の気と水の気は相性が悪く気の乱れる場所とされています。キッチンの風水は運気を上げるのではなく気の流れを落ち着かせ不運を防ぐのが基本です。

一人暮らしの部屋のキッチンは狭いためよくありがちなのが冷蔵庫の上に電子レンジを置いていありますが冷蔵庫は水の気を持ち電子レンジは火の気を持っているのでこれはよくありません。

とは言っても狭いスペースでは他に置き場所がなく困ります。

そんな時は冷蔵庫と電子レンジの間に木の板を挟みます。

こうすることで水が気を育て木が火を増やすように気の流れがスムーズになります。

またキッチンマットは金運を下げる火の気を沈めてくれる幸運の風水アイテムです。

キッチンが汚れていると健康運も下げてしまうのでキッチンマットはぜひ使いたいアイテムです。玄関からまっすぐガスコンロが見えるのもよくありません。

向きを変えられるならガスコンロのツマミは家の内側に向けます。

一人暮らしの部屋でも風水で気の入口になる玄関は重要です。

玄関風水の基本キレイで明るくよい香りの玄関を心がけることが大切です。

また玄関からまっすぐ窓が見えると玄関から入ってきた気がそのまま窓に流れてしまいますし玄関から窓が見えると浪費の傾向を高めてしまうと言われます。

廊下にのれんやレースのカーテンを掛けて窓が見えないように目隠しをしたり廊下の壁に三枚の絵を飾るのも効果的です。

窓にはレースとカーテンを二重に取り付けてよい運気が逃げていかないように防ぎます。また玄関からベッドが見えるのもよくありません。

玄関から見えない位置に移動させたりパーテーションなどで目隠しするなど工夫が必要です。

風水的に玄関先に置くと良い花※運気を3倍ダウン!玄関先に植える花

風水で家の中で一番と言って良い重要な場所は玄関になり、風水で良い運気を引き寄せる玄関造りをしておけば家全体が運気上昇することになります。

1.玄関先に置くと良い花
花が飾ってある玄関先は良い運気が生気があるものに向かってくるので玄関先に花を飾る事が良い気を引き込むために最良の対処になります。
玄関先に置くと良い花は方位と花の色がポイントとなります。
北には寒い印象があり、実際陽の光もあまり入って来ませんので、玄関はなるべく明るく飾り、色はピンク・ワインレッド・オレンジがいいです。
東は日光を取り入れられるなら積極的に取り入れるようにし、白熱灯、足元明かりなどで明るくするのも効果的で、東向きの玄関のラッキーカラーは赤・ブルー・ピンク・白の色。
南は華やかな職業に向いている方角とは裏腹に、ラッキーカラーは控えめの緑が良いとされています。しかしオレンジ・白・ゴールドの色も好ましいです。
西には金運、恋愛運を呼び込む効果があります。 両方取り込めるのなら良いと考えがちですが、良い気悪い気混合して入って来るので、取り込む気を選ばないと家が破たんに陥ってしまいますの黄色・ピンク・白・ゴールドの両方の運気を取り入れる効果のある色を入れてください。

2.玄関先に植える花
花は入口を明るくしますが、たまに門から玄関先にびっしり花鉢をつけたせいで門が完全に開かなくなってしまっている家がありますがこれは運気アップの逆効果になります。
運気が滞りなく、緩やかに入ってくる通路を考えてください。
玄関は格にあった大きさにした方がいいですが、大きすぎるものはかえって悪影響になりますのであくまでも家本体とのバランスを考えてください。
通路を開放的にする吹き抜けは、大きな邸宅にはいいですが、庶民の住宅には不釣り合いな場合が多いようです。
花の豪華さや量も家庭に合わせてバランスよくすることが風水では良いとされています。

3.観葉植物
風水における玄関先は気を迎える場所や幸運の気が入ってくる場所とされていますので、背丈が高く、悪い気の侵入を防いでくれる観葉植物を置くのが理想です。
細く尖った葉の観葉植物や陽の気を持つ観葉植物を探し、日光が当たりにくい場所でもあるので、日陰になる場合は定期的に日光を浴びさせるのが枯らさないのがポイントとなります。

4.花壇
花壇は庭がなければできませんが、花壇の方位については吉凶はないと考えていいですので花を植える方位に凶方位はありません。
風水では、植木は難を防ぎ、花は難を隠すという格言があります。つまり、どの方位に花壇を作っても凶作用はなく、相性のよい花壇による吉の作用のほうが強いと考えているのです。

玄関に飾る花※風水的に玄関に飾ると良い花の種類を3分で教えます!

玄関は家の顔、風水でも良い気は玄関から入っているとされており、最も大切な場所です。
玄関は良い気も悪い気も入ってきますから、良い気がたくさん入ってくる良い玄関にしたいものです。

まず、風水で玄関の方角で良いとされるのは、南と東向きです。
日本では家相上、鬼門(北東)、裏鬼門(南西)を嫌いますが、風水上は西の玄関もマイナスとされています。
また、北向きの玄関も、太陽の光が当たりにくいため、冷えるイメージがありよくはありません。

方角として悪くても風水アイテムなどで運気をアップすることができます。
玄関の風水アイテムとして最も良いのは花です。
良い気を高め悪い気は花が吸い取ってくれます。
玄関に置くと良い花は生花です。
鉢植えと切り花がありますが、悪い気をたくさん吸って枯れてしまったらすぐに取り換えることができるので切り花が扱いやすいと言えます。
鉢植えは花の咲く時期が短いため、花のない時期は管理を怠りがちになってしまいます。
枯れたものを飾っておくのはよいことではないので、1年中楽しめる観葉植物が良いです。
手を掛けなくても良い、という点では造花やドライフラワーも管理が楽です。
ただ、玄関に飾る花としてはあまりおすすめできません。
何故なら生花は生き物なので気を敏感に受け取る事が出来ますが、造花、ドライフラワーは生花ではありません。
飾っていても、ただ気を通過させるにすぎないのです。

また、方角に相性の良い色のものを飾ると効果が期待できます。
まず、東は幸運の方角、より多くの運気が入ってきます。
相性の良い色はブルー、玄関に飾る花としては、トルコキキョウやデルフィニウム、和風のアイリスもさわやかでよいですね。
南に相性が良い色は緑です。そのため、南の玄関に置くと良い花は観葉植物です。
南のラッキーカラーと生き物のパワーを同時に授かることが出来ます。
ただ、サボテンは選ばない方がよいです。条件の悪い場所でも育ちますが、人一倍エネルギーを吸収します。
悪い気を吸ってはくれるのですが、良い気も吸ってしまい、家の中に良い気が回らなくなってしまうのです。
常緑植物であれば、気を高める効果がありますので、こちらを飾ると運気がアップします。
西は金運の方角。ラッキーカラーは黄色です。
西の玄関に置くと良い花はひまわりやガーベラです。ゆりなども雰囲気が明るくなって良いです。
北は寒い印象があるので、温かみのあるピンクやオレンジなどの色の花を飾ると良いです。

生花など植物の持つエネルギーは目に見えません。
しかし、私たちが花を見たり森林浴をすると癒されるのは植物が持つエネルギーの効果のおかげなのです。
その植物を大切な玄関に飾ることで運気アップにつながります。
良い玄関を作ることを心がけることで良い運気がたくさん入ってくる玄関にしたいですね。

玄関に飾ると良い物※風水で運気を上げる鏡の位置を教えます!

風水で鏡は玄関に飾ると良い物のひとつです。

風水では鏡は水を表し悪い気を跳ね返したり運気が落ちている場所にエネルギーを与えてくれたり、ストレスを和らげてくれるなどさまざまなな効果があります。

気の流れをさえぎったり向きを変える効果もあるので鏡の位置には注意が必要です。

玄関ドアの正面に置くと家の中に入ってくる気を跳ね返してしまうので良くありません。

例外として玄関が鬼門や裏鬼門にあたる北、北東、西、南西を向いている場合はこの方角から入ってくる邪気を払う効果があるので正面に置くのは良いとされています。正面をさけて左右どちらかの壁に飾ります。

玄関を入って右側の壁に鏡を飾ると出世運・交際運・対人運・人気運・健康運がアップします。

また風水では気の流れは反時計回りといわれているので鏡を右に置くと気の流れを助ける効果があります。

左側の壁に飾ると金運がアップします。左右どちらに飾る場合も鏡をかがまずに見れる位置に飾ってください。

出世運も交際運も対人運も人気運も健康運も金運も全部アップしたいからといって左右両方に鏡を置くのは合わせ鏡になるのでいけません。

風水で合わせ鏡は気の流れを滞留させて運気を下げると言われるからです。また玄関の左右どちらかに窓がある場合窓の反対側の壁に鏡を飾るのも良くありません。

窓から入ってくる気を跳ね返してしまいますし窓ガラスは鏡と同じ作用があるので合わせ鏡になってしまいます。

八角形の鏡は風水八方位ととても調和が取れた形で金運アップに効果があります。丸い鏡や楕円形の鏡はエネルギーのとても良い入口になるとされていて人間関係の運気を改善してくれます。

鏡のサイズは小さい物より顔全体が写るような30センチを超える物が良いと言われています。また花や観葉植物を一緒に置くことで鏡の持つパワーをより高めてくれる効果があります。

家相の常識※お風呂場の浴槽を鬼門線上に置くな!

お風呂場の位置は、家相鑑定をする上で、玄関とトイレの次に重要です。

玄関は、気の入口なので方角が重要になり、トイレは不浄の部屋なので、規制が厳しい。

実は、お風呂場もトイレと同じように不浄の部屋として扱うのです。

多くの人は、トイレは排便をする場所なので、とても汚く、お風呂場は、長時間浴槽に使っていたい、至福の場と誤解しています。

しかし、現代のトイレは、水洗便所なので、一瞬で部屋から排せつ物が消え去ります。

それを考えると、昔ほど、不浄度は高くないのです。

それに引き換え、お風呂場は、常にカビや雑菌が充満する恐れのある、不衛生な場所です。

トイレよりも数倍カビが生えやすいです。

また、雑菌も、トイレの場合、主に便器のみですが、風呂の場合、部屋中に充満する危険があります。

特に、浴槽に入れたお湯を抜かずに次の日まで置いておくような家は、不浄度が高くなります。

一日中、強い換気扇をつけて、掃除を完ぺきにするのであれば、凶気は弱くなるでしょうが、現実を考えると、常に高い邪気を含むのがお風呂場です。

不浄の場なので、トイレと同じように全方位の正中線と四隅線を避けて配置します。

ただし、お風呂場は、トイレよりも大きめのスペースになってしまうことが多いので、浴槽だけを正中線と四隅線から避ける方法がとられることが多いです。

しかし、鬼門と裏鬼門の方位だけは、十分に余裕をもってお風呂場の配置を考えるべきです。

お風呂場は、水の性質もあるので、土の性質を持つ鬼門と相性が悪いのです。

水の流れを土はせき止めるので、水と土が共存するのは、凶相だと考えるのが風水の常識だからです。