家相の張り欠け※「3分の1」のルールを理解して八方位の吉凶を鑑定



家相で一般的にもよく知られている言葉には「鬼門」「裏鬼門」「張り」「欠け」などがあります。

家相上建物の形には「張り」や「欠け」がない方が良いとされています。

家相の「張り」と「欠け」とは建物の出っ張った部分と引っ込んだ部分のことです。

建物の出っ張った部分が「張り」で建物の一片の長さの三分の一以内が出っ張ってる場合のことを言い、引っ込んた部分が「欠け」で建物の一辺の長さの三分の二以内が引っ込んでいる場合を言います。

風水の家相的には「張り」は方位によっては吉の家相になりますが「欠け」は全ての方位で凶の家相となりよくありません。

「張り」の方位ごとの吉凶の暗示するのは、

北は部下に恵まれ、夫婦円満。結婚運は良縁に恵まれ子孫繁栄。

北東は艮方位の張りは家人に病人絶えず。東は家族は病気知らず。

長男は成功を収める。甲方位の張りは賢子生まれて家門繁栄。

東南は巽方位の張りは社会的信用を得る。遠方との取引成功。

長女が良縁に恵まれる。南は丙・午方位の張りは社会的信用を失う。

南西は坤方位の張りは後家の家相。

西は程良い張りは夫婦円満の家相。財運良好。

北西は財運良好。夫婦円満。

「欠け」の方位ごとの凶相が暗示するのは、北は後継車に恵まれず子孫衰退。



北東は家督相続に災い有り。家族の諍い絶えず。

東は長男は出世せず、女性問題絶えず。家族は衰退。

東南は商売の破綻。社会的信用の喪失。長女は晩婚、または結婚出来ず。

南は社会的名声を失う。女の子は怪我など体を痛める事故多し。

南西は主婦の大病多し。主婦、再婚の家相。養子の相続になる。

西は支出多し。家財産衰亡す。子供、異性問題多し。北西は主人社会的に破綻する。財運なし。「

欠け」のある方位に関連する運気を下げると言われています。風水対策で「欠け」を補い運気のバランスを保つことが大切です。

「欠け」を補うためには「欠け」部分にウッドデッキや花壇を作るなどで家の一部のように見せたり、倉庫などを置き「欠け」を補う方法があります。

また「欠け」の角に背の低い植木を植えたり、形や数に決まりがありますが水晶か白い石を埋めるなどで補う方法がありますがこれは一軒家では可能ですがマンションの場合は難しいです。一軒家でもマンションでも出来る対策は室内のL字に欠けている部分の室内に銅風鈴やサンキャッチャーを吊るす方法です。

これから家を建てたり借りる場合には「張り」「欠け」に気を配り特に土地は「欠け」のない宅地を選ぶことが大切です。